ハローベビーゼリー口コミから使い方購入まで!

産み分けピンクゼリーの成功率はどれくらい?

画像

 

妊娠、出産を経験したママや、妊活中のママなら、一度は『産み分け』という言葉を聞いたことはあるんじゃないでしょうか。

 

そして、母親であれば、自分と同じ同姓の女の子がほしいなと思ったときはないですか?

 

私は産み分けはしていませんが、娘を授かる前に、同じように女の子がいいなと思いました。

 

産み分けといえば、産み分けゼリーが有名ですが、そのうちの1つであるピンクゼリーというものが、どんなもので成功率はどのくらいなのか、調べてみました!

 

 

■ピンクゼリーとは?

産み分けゼリーの1つで有名なピンクゼリーは、女の子を望む場合に使用するものです。女の子が生まれるためにはX精子が受精する必要があります。X精子はアルカリ性に弱い特性があり、酸性のときに活発に動くことができます。

 

その仕組みからピンクゼリーには、膣内にゼリーを入れることで、膣内のph値を酸性に保つ働きがあるんです。そうすることで、女の子のX精子が受精しやすい環境にしてくれる効果があるんです。

 

ちなみにX精子は、寿命は長いですが動きが遅いため、排卵日の2〜3日前くらいに性行為を行うのが、ベストタイミングみたいですよ。

 

 

■ピンクゼリーの成功率

そして気になる成功率は、約80%と言われています。この確率は排卵日の2〜3日前にピンクゼリーを使用して妊娠した場合の確率ですので、このタイミング以外であれば、成功率は下がる傾向にあります。

 

あくまで試す程度で、ピンクゼリーを使ってみてくださいね。